今秋の刊行に向け『コッペパンの世界(仮題)』鋭意書き下ろし中です。

『サンデー毎日』で書評コラム「食べて、飲んで、読む」隔週連載中。
第4回は『アンソロジー 餃子』(PARCO出版) (Click!) 。餃子心をそそられる金子山さんの写真がそこここにちりばめられているのもよかった。ちなみに、カバーに使われている写真は『亀戸餃子』。この店の話を『dancyu』2014年5月号 (Click!) に書きました、私。
第5回は平山由香『毎日のお味噌汁』(アノニマ・スタジオ刊) (Click!) 。この本を読んで以来、遅ればせながら昆布出汁のとりこ。
第6回は水野仁輔『カレーの奥義 プロ10人があかすテクニック』(NHK出版刊) (Click!) 。とりあげられている10軒のうち私がやっぱり好きなのは『デリー』。

生活の箱である「家」についてのエッセイ「家とわたし」の連載第2回は「机の広さ」と題し、福島の家で使っている天童木工の机の話を書きました。ウェブマガジン「R the TIMES」 (Click!) にて全5回の短期集中連載!

昨夏刊行した拙著『はじまりのコップ 左藤吹きガラス工房奮闘記』(亜紀書房)を書くにあたり、左藤吹きガラス工房に話を聞き取りに通う中、左藤さんに、この本と読後感が近しくなればと思っています、と手渡したのが、久松達央さんの『小さくて強い農業を作る』でした。それをきっかけにはじまったおふたりの対談、編集者の柳瀬徹さんが記事にまとめてくれました。
「独立して働くということ」左藤玲朗(ガラス作家)×久松達央(農家) (Click!) 
「同業者に褒められようと思うな」「続けていくためには変えなければならない」「“民藝”にも“有機農業”にもコアはない?」の全3回です。