10月下旬、CSファイナルステージ真っ最中に、新刊『キムラ食堂のメニュー』が中公文庫より刊行されます。食エッセイ集です。

ラジオ:
文化放送『編集長稲垣吾郎』 (Click!) に電話出演し、コッペパンよもやま話をしました。
ちなみに、番組中でふれた拙著『コッペパンの本』の目次はこちらです (Click!) 


コメント:
ムック『関西から行く日帰り&1泊二日2おいしい旅』(京阪神エルマガジン社刊) (Click!) の小特集「うまい旅ごはんメモリーズ」で、姫路駅前のラーメンを短めに紹介しました。旅情そそられるページ多数。行ってみたいと長らく思っている小豆島のコッペパン専門店『MORIKUNI BAKERY』も載っていました。

暮らし上手特別編集『Kurashi』vol.1(エイ出版社刊)の「わたしが“モノ”と出合う場所」で、荻窪の書店『Title』を紹介しました (Click!) 。『Title』には、私が発行しているお酒ミニコミ『のんべえ春秋』も置いてもらっています。


書評:
週刊誌『サンデー毎日』にて、書評コラム「食べて、飲んで、読む」隔週連載中。
第35回は、鈴木めぐみ編『料理書のデザイン いま知っておきたい100冊』(誠文堂新光社刊)をとりあげました (Click!) 。ここ十数年の装丁界の流行がよく分かる一冊でもあります。
第36回は、滝口悠生『茄子の輝き』(新潮社刊)を選びました。餃子そして宇都宮の餃子像が登場するシーンが、ぐっとくる (Click!) 
話中に登場するわけではありませんが、宇都宮『みんみん』の餃子は冷凍庫に欠かさない私。ちなみに福島だったら飯坂『おがた』がお薦めとはサキさんの談。

栃木の地元紙、下野新聞で、書評コラムをひと月半に一度くらいのペースで連載中。
9月17日付の紙面で選んだのは、水野仁輔『幻の黒船カレーを追え』(小学館刊)。「世界中にカレーと呼ばれる料理はあるが、カレー文化があるわけではない」と水野さんは書いています。カレー文化にどっぷり浸れるというのは、実は日本ならではの幸せなのだなあ。