SPANK HAPPY再結成に驚いています (Click!) 

書評:
『サンデー毎日』で、食書評コラムを隔週連載中。
第52回は、野村友里『Tokyo Eatrip』(講談社刊)です (Click!) 
東京にある、およそ60軒の食べもの飲みもの屋さんが紹介されている本です。私が行ったことのあるのはそのうちの1/4。その数を、多いととるか、少ないととるか。ただ、ここで生まれ育った野村友里さんの東京と、26歳でひょいと出てきた私の東京の地図に、1/4ばかり重なるところがあるのだと捉えると、その重なりの面積はとても広いようにも思えてきます。
第53回は、『ふるさとの駄菓子 石橋幸作が愛した味とかたち』(LIXIL出版)です (Click!) 
「駄菓子」という呼称は、明治時代以降、関東以北で使われるようになったとあります。それより前は「雑菓子」といったそうです。「雑」と「駄」どちらもいい意味の言葉ではないものの、「駄」のほうが愛らしく思えるような。