木村衣有子 きむら・ゆうこ


文筆家。

1975年栃木生まれ。
18歳からの8年間、京都に暮らし『恵文社一乗寺店』『喫茶ソワレ』で働きながらミニコミを刊行。2002年より東京在住。2016年春より、北千住と福島市を行き来する暮らし。
コーヒーとクラフトとプロ野球を愛す。

<主な著書>
『京都カフェ案内』『東京骨董スタイル』『京都の喫茶店』(2001、2003、2013/平凡社)
『大阪のぞき』『銀座ウエストのひみつ』(2010、2014/京阪神エルマガジン社)
『もの食う本』(2011/ちくま文庫)
『コーヒーゼリーの時間』(2015/産業編集センター)
『はじまりのコップ 左藤吹きガラス工房奮闘記』(2015/亜紀書房)
『コッペパンの本』(2016/産業編集センター)

<ミニコミ>
2010『食べものエッセイ集 味見はるあき』
2012〜『のんべえ春秋』1〜4号
 

▽仕事のお話や『のんべえ春秋』の卸しについてのお問い合わせなどは、下記のアドレスまでどうぞ。
hotel●gd6.so-net.ne.jp
※送信の際、●印を@に変えてください。

twitterはじめました @yukokimura1002
Instagramやっております @hanjiro1002